どう違うの?常勤医師と非常勤医師の働き方

常勤医師と非常勤医師の働き方の違いに注目しよう

医師の働き方には常勤と非常勤があり、仕事内容にはそれほど大差がないことが多いものの、勤務時間や役職などにこだわりたい場合には、希望の働き方を洗濯ことがおすすめです。大学病院や総合病院などの規模の大きな医療機関では、年齢や雇用形態などによらず、充実した研修によるサポートが行われており、経歴に応じて働きやすい環境が整いつつあります。また、初めての診療科目で働くにあたり、非常勤医師として転職をすることで、経験を積みながら常勤医師を目指す人も増えています。もしも、キャリアに合った働き方について分からないことがあれば、各地の医療機関の転職者の受け入れ状況や、在職中の医師の働きぶりに注目をすると良いでしょう。

医師がキャリアに合った転職先を選ぶ方法

キャリア形成を重視して転職活動に励んでいる医師は年々増加しており、過去の医療機関でのさまざまな経験やスキルを活かすうえで、在職中から興味のある病院やクリニックの事情を知ることが大切です。特に、希望の診療科目で役職のあるポジションを目指したい場合には、中途採用のスタッフの人材活用が活発に行われている医療機関に転職をすることがポイントです。医師のキャリアアップのための仕組みは、各地の医療機関の経営方針や診療科目の種類によって大きな差がみられることもあります。そこで、満足のいく待遇で医師として働きたい場合には、求職者の間で人気の病院やクリニックの採用後の仕事内容や月々の賃金などに目を向けることが重要です。